有効求人倍率が 100% をこえてきてる動画

Excel Power Map をつかって、1964 年から 2014年まで。

Excel Online : 労働市場.xlsx, http://1drv.ms/1i3ZD1b

データ元: 都道府県別・地域別労働市場関係指標 (実数及び季節調整値)
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001118817

広告

少子高齢化を地図にしてみる動画

政府統計局のデータから Excel Power Map へ。Excel Power Query つかって、
Excel Power Pivot へとりこんで、
Excel Power Map の地図にする。Excel Online: 人口統計.xlsx, http://1drv.ms/1fC8lzA

期間 1920年~2010年
年齢区分 14才以下,15才~64才, 65 才以上

14才以下の人口を、65才以上の人口が追い越してく

Excel で TPC-H

Excel で TPC-H

Excel で TPC-H .. してみる。Excel データモデルへ Excel Power Pivot つかって。
TPC-H は、意思決定支援のデータベース用ベンチマーク.
LINEITEM 600 万件のデータをつかって、ピボットしてみる.

 600 万件

LINEITEM テーブルのレコード件数.
150 万 = ORDERS テーブルのレコード件数.
80 万 = PARTSUPP テーブルのレコード件数.
20 万 = PART テーブルのレコード件数.
15 万 = CUSTOMER テーブルのレコード件数.
1 万 = SUPPLIER テーブルのレコード件数
25 = NATION テーブルのレコード件数.
5 = REGION テーブルのレコード件数.

 720 MB

720 MB = Excel ファイルサイズ.
Lenovo Yoga 2 Pro = ノートパソコン
メモリ 8GB, CPU 2 個, スレッド 4 個.

 DAX

DAX は、Excel Power Pivot の演算用言語
TPC-H の SQL 文の中の SUM, AVG は、DAX をつかう.
あとは、ピボットテーブルつくると、集計できあがり.

SQL 1 のピボットテーブルは、さくさく.

Exchange を Excel へ .. とりだせる Exce Power Query

Exchange を Excel へ .. とりだせる Exce Power Query

Exchange を Excel へ .. とりだせる Exce Power Query で.
メールを、予定表を、連絡先を、タスクを、会議出席依頼を、
Office 365 から、Microsoft Exchange から、Excel へ。
Excel Power Query 2013年12月版プレビューをつかって。

 Excel Power Query

Excel Power Query は、Excel へデータを取り込む Excel 用ソフトウェア。
マイクロソフトが無料で提供している。
ダウンロード = http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39933
ヘルプ = http://office.microsoft.com/ja-jp/excel-help/start-page-HA104003813.aspx

 Microsoft Exchange から

2013年12月、Excel Power Query は、
Microsoft Exchange から、Office 365 から、
メールを、予定表を、連絡先を、タスクを、会議出席依頼を、
取り込めるようになってる。

 グラフに

今年のメールやりとりをグラフにできる。
今年の予定表をグラフにできる。
ワークシートへ、Power Pivot へとりこんで、ピボットグラフできる。

 Office 365

Office 365 のメール、予定表、連絡先、取り込み確認完了。
メールを 10,000 件とりこんで、送信者別グラフつくってみる。
Office 365 のメールを Excel Power Query で Excel Power Pivot へ。

わーい、わーい、わーい、Excel Power Query、わーい

Prime Numbers by M .. 素数を M 言語でもとめてみる

Prime Numbers by M .. 素数を M 言語でもとめてみる

Prime Numbers by M .. 素数を M 言語でもとめてみる.
M 言語とは、Excel Power Query の開発言語
Prime Numbers は、素数を 1 から 100 まで Excel ワークシートにいれる

ファイル PrimeNumbers.xlsx
http://sdrv.ms/1gILIi2

let
isPrime = (x as number, optional n as number) =>
[
n = if n = null then 2 else n,
p = Number.RoundDown(x),
r = if p p / 2
then true
else @isPrime(p, n + 1)
][r],
a = {1..100},
TableFromList = Table.FromList(a, Splitter.SplitByNothing(), null, null, ExtraValues.Error),
RenamedColumns = Table.RenameColumns(TableFromList,{{“Column1”, “number”}}),
InsertedCustom = Table.AddColumn(RenamedColumns, “Custom”, each isPrime([number])),
RenamedColumns1 = Table.RenameColumns(InsertedCustom,{{“Custom”, “isPrime”}}),
PrimeNumbers = Table.SelectRows(RenamedColumns1, each ([isPrime] = true))
in
PrimeNumbers

Excel Power Query .. が 集計済み Excel ファイル 15 個をまとめる

Excel Power Query .. が 集計済み Excel ファイル 15 個をまとめる

Excel Power Query .. が 集計済み Excel ファイル 15 個をまとめる。
電気通信事業者協会の契約数ダウンロードファイルは、集計済 Excel ファイル.
ピボットグラフするには、ファクト Excel ファイルがほしいから。

データ元:
電気通信事業者協会の携帯電話・PHS 契約数ダウンロード
http://www.tca.or.jp/database/download.html

ダウンロードできる Excel ファイルは、年度別になっている。
Excel ワークシートは、事業者別月末契約数の集計表になっている。

[業種] [グループ] [事業者] [地域] [日付] [契約数]

ファクトにほしいデータは、集計前のデータ。
ピボットグラフにして、スライスできるように。

Excel Power Query

ダウンロードして、集計前にもどして、文字変換して、を
15 個の、1999年度から 2013年度までの Excel ファイルに。
集計済みの Excel ファイルたちを、集計前の Excel ファイルに。

集計済みの Excel ファイルが、きらきら、きらきら、ひかってる

Excel Power Query .. で、Excel .xls 104 ファイルをひとつのファイルにする.

Excel Power Query .. で、Excel .xls 104 ファイルをひとつのファイルにする.

Excel Power Query .. で、Excel .xls 104 ファイルをひとつのファイルにする.
Excel ファイルは、大阪府和泉市の町別・年齢区分別・性別の集計表。
各月ごとにひとつのファイルになっている。
2006年1月~ 2013年8月の 104 ファイルを、Excel にまとめてみる.

Map の動画: http://youtu.be/HtFhX-6jOs8
入力元: http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/siseizyouho/jinkou/1320824408468.html
出力先: Excel Power Pivot
入力ファイル数: 92
出力行数: 63 万
ツール: Excel Power Query
言語: M

Excel マクロでも、Excel VBA でも、Powershell でも、C# でもなく、M.