時間半分 .. Delayed Durablity

時間半分 .. Delayed Durablity

時間半分 .. Delayed Durablity をためしてみる. SQL Server 2014 .
Delayed Durability は SQL Server 2014 すべてのエディションで使える新機能.
データベース AdventureWorks2012 をつかって、たしかめてみる

 SQL Server

バージョン: SQL Server 2014 CTP 2
データベース: AdventureWorks2012

 試験手段: ostress

詳細: “SQL Server 2014 CTP2 In-Memory OLTP Sample,based”
https://msftdbprodsamples.codeplex.com/releases
インメモリテーブル機能のテスト方法を、Delayed Durability へつかう.

 test.cmd

set n=10
set order_count=100000
set include_update=1

:DISABLED
ostress -Sserver1 -E -dAdventureWorks2012 -Q”ALTER DATABASE [AdventureWorks2012] SET DELAYED_DURABILITY=DISABLED;Exec Demo.usp_DemoReset;Exec sp_flush_log”
ostress -Sserver1 -E -dAdventureWorks2012 -Q”Exec Demo.usp_DemoInsertSalesOrders @use_inmem=0, @order_count=%order_count%, @include_update=%include_update%” -n%n%
echo ——————-DELAYED_DURABILITY=DISABLED ——————————–

:FORCED
ostress -Sserver1 -E -dAdventureWorks2012 -Q”ALTER DATABASE [AdventureWorks2012] SET DELAYED_DURABILITY=FORCED;Exec Demo.usp_DemoReset;Exec sp_flush_log”
ostress -Sserver1 -E -dAdventureWorks2012 -Q”Exec Demo.usp_DemoInsertSalesOrders @use_inmem=0, @order_count=%order_count%, @include_update=%include_update%” -n%n%
echo ——————-DELAYED_DURABILITY=FORCED ———————————-

「トランザクションの持続性の制御」
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn449490(v=sql.120).aspx

Delayed Durablity をあじわってみてる.

10% 安

10% 安

10% 安 .. 西日本の仮想マシンの料金は、東日本の仮想マシンの料金より.
Windows Azure 仮想マシン Windows OS の料金をリージョン別に比べて.
リージョンとは、Windows Azure 仮想マシンのある地域.
2014/3/6 時点.

 東日本 vs. 西日本 

2.71 円/時 .. 東日本
2.43 円/時 .. 西日本
2.04 円/時 .. アメリカ,北欧,西ヨーロッパ,東南アジア,東アジア

「仮想マシンの料金詳細」
http://www.windowsazure.com/ja-jp/pricing/details/virtual-machines/#windows

8 秒 = 6 億件, 列ストアインデックス

8 秒 = 6 億件, 列ストアインデックス

8 秒 = 6 億件, 列ストアインデックス .. をつかって TPC-H クエリー1 が。
TPC-H は、意思決定支援のデータベース用ベンチマーク.列ストアインデックスは、SQL Server 2014 の意思決定のクエリー用のデータベースインデックス.

 8 秒

は、クエリー処理時間
6 億 = TPC-H の LINEITEM テーブルのレコード数
12 個 = 仮想マシンの仮想CPUコア数
50 GB = 仮想マシンのメモリサイズ
100 = DBGEN -s の引数
Query 1 = 計測クエリー
SQL Server 2014 Enterprise ベータ = データベースシステム
Clustered Columnstore Index = テーブル LINEITEM のインデックス
測定方法: 構文解析とコンパイルの時間 0, 物理読み取り数 0 の時間

 TPC_H Query 1

SELECT
  L_RETURNFLAG,
  L_LINESTATUS,
  SUM(L_QUANTITY) AS SUM_QTY,
  SUM(L_EXTENDEDPRICE) AS SUM_BASE_PRICE,
  SUM(L_EXTENDEDPRICE*(1-L_DISCOUNT)) AS SUM_DISC_PRICE,
  SUM(L_EXTENDEDPRICE*(1-L_DISCOUNT)*(1+L_TAX)) AS SUM_CHARGE,
  AVG(L_QUANTITY) AS AVG_QTY,
  AVG(L_EXTENDEDPRICE) AS AVG_PRICE,
  AVG(L_DISCOUNT) AS AVG_DISC,
  COUNT(*) AS COUNT_ORDER
FROM LINEITEM
WHERE L_SHIPDATE <= dateadd(dd, -90, cast('1998-12-01' as datetime))
GROUP BY L_RETURNFLAG, L_LINESTATUS
ORDER BY L_RETURNFLAG,L_LINESTATUS

SQL Server 2014 列ストアインデックスに、わくわくしてる.

ガジェット廃止 Windows 7

ガジェット廃止 Windows 7

ガジェット廃止 Windows 7 .. とマイクロソフト。重大な脆弱性のため。
時計のガジェット、カレンダーのガジェット、ならべてるかも。
Windows XP から Windows 7 へ変えた方々。

 「ガジェットは廃止になりました」
 http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/gadgets

「Windows 7 と Windows Vista の Windows サイド バー
  プラットフォームには重大な脆弱性があるため、
 ガジェットの提供は終了しました。」

インメモリ, 列ストアインデックスの実行プラン

インメモリ, 列ストアインデックスの実行プラン

インメモリ, 列ストアインデックス .. の実行プランをあじわってみる。
データベースは、Microsoft SQL Server 2014 ベータ版。
データとクエリーは、TPC-H。
ハードウェアは、Intel NUC D54250WYK。

インメモリは、メモリ最適化データベース。
列ストアインデックスは、非クラスター化インメモリ列ストアインデックス。
CPU は、Core i5、2 コア、4 スレッド。
メモリは、16 GB。

 xVelocity

わくわくが、xVelocity にある。
非クラスター化インメモリ列ストアインデックスは、xVelocity つかってる。
“An xVelocity memory optimized columnstore index, groups and stores data for each column and then joins all the columns to complete the whole index”

600 万件 から 3,000 万件へ LINEITEM をふやしてみよう。

Excel で TPC-H

Excel で TPC-H

Excel で TPC-H .. してみる。Excel データモデルへ Excel Power Pivot つかって。
TPC-H は、意思決定支援のデータベース用ベンチマーク.
LINEITEM 600 万件のデータをつかって、ピボットしてみる.

 600 万件

LINEITEM テーブルのレコード件数.
150 万 = ORDERS テーブルのレコード件数.
80 万 = PARTSUPP テーブルのレコード件数.
20 万 = PART テーブルのレコード件数.
15 万 = CUSTOMER テーブルのレコード件数.
1 万 = SUPPLIER テーブルのレコード件数
25 = NATION テーブルのレコード件数.
5 = REGION テーブルのレコード件数.

 720 MB

720 MB = Excel ファイルサイズ.
Lenovo Yoga 2 Pro = ノートパソコン
メモリ 8GB, CPU 2 個, スレッド 4 個.

 DAX

DAX は、Excel Power Pivot の演算用言語
TPC-H の SQL 文の中の SUM, AVG は、DAX をつかう.
あとは、ピボットテーブルつくると、集計できあがり.

SQL 1 のピボットテーブルは、さくさく.

ふたりづつ話し合っていただく

ふたりづつ話し合っていただく

ふたりづつ話し合っていただく .. 講師として受講生の方々へ。
受講生へ、ひとりづつ質問するかわりに、おふたりで話し合っていただく。
伝えるために、受講生の知らないを知りたいから。

 うまく答えようとする

受講生の方々は、ひとりづつ質問すると、
はじめて会った講師へ、ほかの受講生がみてるなか、
うまく答えようとする、かも。

 話しやすい

受講生の方々は、講師より隣にいる方が話しやすいかも。
ちょっと聞いた話、ちょっと思った話、ちがうかもしれない話、
隣にいる方と、できるかも。

 おふたりに

「・・・を、お隣の方と話し合ってみていただけますか ?」
おふたりの話し合ったことばを、
講師は教えていただく。

「こちらのおふたりは、いかがですか ?」と聞いていく。