40% はやい

40% はやい

40% はやい .. ストアドプロシージャのネイティブコンパイル, SQL Server 2014.
ストアドプロシージャのネイティブコンパイルは、ストアドプロシージャを DLL へ
変える SQL Server 2014 Enterprise の機能.

 40%

insert と update とをインメモリのテーブルへ負荷をかけてみる.
40% ストアドプロシージャをネイティブコンパイルすると、はやくなる.
ネイティブコンパイルの対象テーブルは、インメモリのテーブル.

 WITH NATIVE_COMPILATION

ストアドプロシージャの抜粋..
CREATE PROCEDURE [Sales].[usp_UpdateSalesOrderShipInfo_native]
 @SalesOrderID uniqueidentifier ,
 @ShipDate datetime2,
 @Comment nvarchar(128),
 @Status tinyint,
 @TaxRate smallmoney,
 @Freight money,
 @CarrierTrackingNumber nvarchar(25)
WITH NATIVE_COMPILATION, SCHEMABINDING, EXECUTE AS OWNER
AS
BEGIN ATOMIC WITH
(TRANSACTION ISOLATION LEVEL = SNAPSHOT, LANGUAGE = N’us_english’)

 [AdventureWorks2012]

サンプルURL = https://msftdbprodsamples.codeplex.com/releases
サンプル負荷 = aw_inmem_sample_sql_2014_ctp2.zip
対象ストアドプロシージャ:
 usp_InsertSalesOrder
 usp_UpdateSalesOrderShipInfo

テーブルをインメモリへ、ストアドプロシージャをネイティブコンパイルへ.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中